ヨシダノリマサ総合研究所

ベテランyoutuber、ヨシダノリマサさんのファンブログです。ヨシダノリマサさんの動画活動を研究し、問題点や改善点、今後のyoutube戦略について考えます。

研究

ヨシダノリマサさんが公言した約束リスト

皆さま、2017年もお仕事や勉強、研究活動などお疲れ様でございました。
年末の忙しい時期にも関わらず、当ブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

さて、2017年も終わりですが、ヨシダノリマサさんが公言した約束・目標の数々を覚えておられるでしょうか?
きっと本人も視聴者に忘れてほしいと思っているであろう、これらの数々を振り返りたいと思います。

まずは去年の動画ではありますが、11月頃に公言されたものです。



ビジネスチャンネルで申し訳ありませんが、とんでもない内容をコミットメントしていました。

メルカリ、ブックメーカー、情報発信、勝間塾の日報を書く。

先に注意しておきますが、「メルカリやブックメーカーって何のこと?」と思った方はスルーしてください。一応、ヨシダノリマサさんが収入源にしようとしているお仕事的なものだと思っていてください。

そして、動画を見ているとすごい発言をしていましたが、日報を書くことを宣言した後、

「それが自分を突き動かす、あのー、モチベーションになると思うんでー」 

「そーじゃないとー、なかなか進まないですよねー」 

「僕ね、あのー、オーバーコミットメントが多いんですよ」 

「まー結局やってないんですよね、そう、だからね、オーバーコミットメント気味なんでー、ですよね?」 

「だからとりあえず、あれだな、じゃあ、ブックメーカーの日報と、情報発信の日報、これがワンセットね。で、えーー、あとどうするかー、(中略)メルカリとブックメーカーと情報発信か。で、あとは勝間塾か。勝間塾になんか出す。よし、この3つをやりましょう。厳密に言うと4つか。いやー忙しくなるな(笑)」 

驚くべき発言の数々です。そのヨシダノリマサさんが所属しているコミュニティというものが、どんなコミュニティかは知りませんが、毎日いきなり日報なんて発表されても周りの方だってどう反応すればよいのか困るんじゃないでしょうか?(笑)

まぁそんなことはどうでもいいですが、そもそも日報とは毎日行う報告のことです。 
4つもいきなり日報を書くと宣言したのはいいですが、今でも日報をなさっているのでしょうか?
というか、最近全くヨシダノリマサさんの口から「勝間塾」という言葉を聞かないのですが、いまだに勝間塾を続けているのかも怪しいところです。勝間塾は調べますと、月額4937円...まさかお金が勿体無いなんて思い、やめたんじゃないですよね...?


2つ目は、またビジネスチャンネルで申し訳ありませんが、こちらはかなり印象に残っているのではないでしょうか。



「自分的な目標として色々考えたんですけどねぇー、やっぱり月収100万かな。あのねーちょっと低いかなーって、100万今更ってねー思われるかなーと思ったんですけどー。で、200にしようかなーと思ったんですけど、ちょっとイメージつかない、100だとイメージつくんでー」
 
まぁこれは何も言うことはないです。きっとヨシダノリマサさんのビジネスチャンネルでおのずと明らかになることであり、もし2017年で月収が100万円に到達した場合は、きっと動画で報告をなさると思います。我々はその報告をただ待っていればいい話です。期待しておきましょう。


3つ目は、 未だ達成されていない宇宙食のレビューです。



そもそもこの動画では、企画をする時間がないのでリクエストを中心にしていくと公言なさっていましたが、今やリクエストもまともにしておらず、普段の飯動画にまた戻ってしまいました。

さらに動画内の発言では、
「細かい話をしますと、宇宙食リクエストした方、すみません、もうとっくに買ってあるんですけど、えー申し訳ないですね、あのーまだやってないんですけども、なんか水を加えてどうたらこうたらが、ちょっとめんどくさくてですね、やってないんですけど、買ってありますので、是非ですね、えー、お待ちいただけたらかなと思います。」 

いや、水を入れる作業に何故1年も躊躇するのか。コンビニの商品を食べ比べするために車を動かすくらいならできるはずではないのか?こんなしょうもない部分で視聴者の信頼を失うのは大変もったいないことであり、残念である。

・4種類の日報を書く

・月収100万

リクエストを中心にする +宇宙食(1年以上待ち)


今回代表的なコミットメントを3つを挙げたが、 まだ心配はいらない。
なぜなら2017年はまだ終わっていないからである。月収が仮に現時点で5万円であれば、まだあと1日で95万円を売り上げればいい話だ。車や実家、なんでも良いのでとりあえず売る。手段さえ選ばなければ100万円は実現できるかもしれない。
宇宙食だって残り1日で動画を回せば、どうせ大した編集もしないので間に合うはずだ。
他のリクエストも大晦日に1時間1本のペースでバンバン投稿するくらいの根性を見せれるはず。(もちろん中身のない動画はNG)
日報も毎日書いているのであれば、ビジネスチャンネルでいいから経過を報告するべきだ。

ヨシダノリマサさんが、これら様々な約束や目標を掲げたからには、成功・失敗にかかわらず、説明責任を果たすべきであり、今後私としても最も注目していかなければならないことだと考える。

他の中年youtuberから考える動画戦略 - 「マック堺」編

こんにちは。もう2017年が終わりに近づいていますね。

クリスマスということで、ヨシダノリマサさんは一体何をされるんですかね。

さて、今回は「他の中年youtuberから考える」ということで、ヨシダノリマサさんが動画投稿を行う上で参考になるのではないかと勝手に思う中年youtuberを数名ピックアップしました。

他のyoutuberと比較してヨシダノリマサさんには何が足りないのか、どこを参考にすべきか検討していきましょう。

今回は「マック堺」編です。


マック堺さん

マック堺-MachSakai - YouTube

チャンネル登録者:217119人(2017年12月24日現在)
年齢:不明(40代?)

主にエアガンレビュー、エアガン競技の紹介をされている方です。
他にもサバゲーに関する動画や、安全なエアガンの取り扱いの無料教室を毎月行っているそうです。

ただ、私が注目しているのはメインチャンネルではなく、食品レビュー専門のサブチャンネルです。

マック堺 サブチャンネル エアガン雑談/食レポ - YouTube

チャンネル登録者:24630人(2017年12月24日現在)

この方は、一番ヨシダノリマサさんの動画内容と似ているのではないかと思い選びました。

いかがでしょうか? マック堺さんのチャンネルを見るとサムネイルがシンプルですよね。

マック堺 忖度御膳


商品名」「商品」「」の3つをサムネイルの基本にしています。

この3つはとても重要だと思います。見やすく遊びすぎない字幕に、しっかりと照明や自然光を駆使した撮影により、サムネイル全体を明るくしています。

01

一方ヨシダノリマサさんは全体的に暗いサムネイルです。このサムネイルで初見の人が動画を見ようとはならないですよね...
最近は自然光を顔に当てていますが、一部しか当たっていないので見ていて違和感を感じます。

また、マック堺さんの大きな特徴として、圧倒的な高評価の割合でしょう。

これは様々な要因が考えられると思いますが、私が推測するに視聴者に対する謙虚な姿勢具体的・詳細な食レポ美味しそうに食べる姿などではないかと思います。

ただ、私がマック堺さんの動画を観ていて思ったのが、きっとマック堺さん自身は食レポが苦手なのではないかなと思います。笑

テレビのようにスラスラと言葉が出てくるわけではない分、少し間を開けてでも考えて、言葉を出そうと努力しているように見えます。

そんな努力もあり、回を重ねるたびに食レポが上達しているように感じます。

また、商品に対して是々非々で正直にレビューしている点も好感が持てます。

この手の食品レビューに対して、よくある批判が「こいつなんでもうまいって言うな」なんですよね。そういう点では多少オーバーでも良いところ・悪いところをしっかりわかりやすく伝えることは大事だと思います。

ヨシダノリマサさんは商品を食べても「普通ですね」としか言いません。
例えば味が「普通」だとしても「癖のない味」など言い回しを変えることや、味のコメントが難しかったら量や価格はどうかなど、ある程度コメントの数がないと見ていてつらいですよね。

そして、3つ目に挙げた「美味しそうに食べる姿」とは、食べ方もありますが、最後まで食べきることも含まれると思います。

ヨシダノリマサさんは1口2口食べてコメントを言うとすぐ終了します。
一方、マック堺さんは最後まで商品を食べきって、食べ終わった商品の総合的な感想ごちそうさまでした(特に重要だと思います)の2つで動画が終わります。
これにより動画全体も締まり、見ていて好感が持てます。


マック堺さんは中年youtuberの中でも特に参考になる方だと思います。
現状ヨシダノリマサさんは笑いを取りに行っても明らかにスベっているわけですし、ギャグ系ではなく真面目なレビューで攻めるべきだと考えます。

マック堺さんをパクれという訳ではなく、良い部分は参考にした上で個性のある動画づくりを心がけるべきであり、自分の悪い部分を直視せず、自分らしさと勘違いしてはいつまでも動画の質は上がりません。

ぜひこの機会にマック堺さんの動画も一度見てみてくださいね。

ヨシダノリマサはUUUMに所属できるか


youtuberという肩書が世間に浸透してきた今、youtuber専門の事務所というものが乱立をしている。

多くの人気youtuberが事務所の所属・脱退を繰り返す中、今や日本のyoutuber事務所はUUUM一強という状況である。

人気youtuberを目指すヨシダノリマサさんは果たしてUUUMに所属できるだろうか。

まずはヨシダノリマサさんというyoutuberを知らない人のために軽くプロフィールを紹介しよう。 


ノリマサ 乳酸菌チョコレート

大物youtuber、ヨシダノリマサさん。


2011年3月から現在に至るまでyoutubeに様々な動画を投稿している47歳

メインチャンネルは開設からわずか6年半で登録者はなんと3342人(2017年11月27日現在)、今年9月新たに開設したサブチャンネルは2ヶ月で登録者81人(2017年11月27日現在)と多くのコアなファンから支持を得ている。

最近では「アメリカンドッグ当たりが出るまで食べ続けろ!(ハズレのまま4本でギブアップ)や、「手にタバスコをかけてから牛丼を食べる動画」などのコメディー動画から、「オープニングのみで終わる動画」や「風力発電機と16秒間撮影する謎動画」など異次元レベルで個性的な動画まで、幅広いジャンルの動画を投稿するマルチクリエイターでもある。

書き出したらキリがないのでこれでやめておく。


......見ての通りこの数字ではUUUM所属は絶望的である。

参考までに現在UUUMに所属するyoutuberの登録者数のワーストを調べると、


118938人  にゃーにゃちゃんねる・・・子ども系

117275人  ココロマンちゃんねる・・・家族系

 87583人  いおりくんTV・・・・・・家族系

 59700人  TAKASHI’sTV・・・コメディー系

 54584人  美音(みおと/Mioto)・・・楽器系

 53734人  ひまひまチャンネル・・・・子ども系

(2017年11月27日現在、UUUMホームページ:マルチクリエイターより調査)


そもそもこの話は机上の空論であるかもしれないが、現在のUUUM所属の登録者最低ラインは53734人。

それも多くは家族系のyoutuberや子どものyoutuberであり、ただでさえレビュー系youtuberが少ないUUUMにヨシダノリマサさんが所属を目指すには最低でも登録者10万人は越えてなければならないだろう。

もちろんUUUMに所属することがトップyoutuberという訳ではない。フリーで活動している方もいれば自ら事務所を立ち上げる方もいる。

いずれにせよ登録者数3342人では事務所を立ち上げても恥さらしにしかならない訳であり、せめて1万人は欲しいところだ。
 
果たしてヨシダノリマサさんは寿命を迎える前に、某Hキンさんや某Hしゃちょーと肩を並べ、日本のトップyoutuberとして活躍する時がくるのだろうか。

 

どうか全てを見直してくれ、ノリマサ。

11月18日、某大物youtuberグループの大手事務所加入や某炎上youtuberの復活などyoutubeが多く話題となる今日、ヨシダノリマサが日本のyoutube史に名前を刻む日はくるのだろうか...

norimasaミニを開設してもうすぐ2ヶ月が経とうとする現在の状況は、動画数67本に対して登録者が81人...

怪しげなビジネスに頼らず、youtube1本で生活してくれることを最終目標としている私としては絶望的な数字...

今ノリマサに求められるのは全ての見直しだと思います。彼のしていること全てです。 

まず驚いたのがこの動画、



いやこれサブチャンネルのクオリティと変わんねーよ!
サムネイルだけこだわってどうすんだよ!!


そしてなんの前触れもなく更新されるInstagram...


ノリマサインスタ1

リンクもちゃんと貼れてねーし、その絵本当にノリマサの似顔絵なんですかね...

Instagramの開設も蓋を開ければ投稿は4つだけ。一体Instagramで何を発信したかったのだろうか。

なんでもとりあえずやってみるのは良いがその先を何も考えてないのは昔から変わらないようだ。

大変初歩的な指摘で申し訳ないが、Instagramというサービスはどんなサービスなのか、Twitterとは何をすべきコンテンツなのか、メインチャンネルの「メイン」とはどういう意味なのかググって自らしていること全てを見直したほうが良さそうだ。。。


「Norimasaミニ」は起死回生の一手となるか

9月28日、何を思ったのかヨシダノリマサさんは新たなサブチャンネルNorimasaミニを開設しました。

早速いくつか動画を観ましたが、ノーカットOPなしの昔のような動画から、一言も発さない謎の日常動画(数十秒程度?)までペースよく投稿しており、全盛期を彷彿とさせるチャンネルでした。

今回の唐突なサブチャンネル開設はどのような意図があったのでしょうか。

実は今日9月30日、リクエスト頂きました!アルトバイエルンをヨシダノリマサが食べてみたよ〜の動画内にてこんなメッセージを発していました。

「えーノリマサTVですね、また更なるね、飛躍をですね、今後していきたいと思っております。」

おそらく気まぐれでyoutubeの方も力を入れようと思ったのでしょうか。いずれにしても質より数で攻める動画戦略には賛成します

しかしながら課題もあって、先程も述べた一言も発さない謎の日常動画は明らかに不必要です。数十秒程度しかなく、誰がそんな動画を観たいと思うでしょうか。そして、そもそもこれはサブチャンネルを開設するほどのことでしょうか。

現在メインチャンネルの登録者は3292人(9月30日現在)います。最近登録者が低迷していることは確かですが、サブチャンネル開設して0から観てもらうよりもメインチャンネルの方針を今回のように「無編集・投稿数増加」と変えるべきだったのではないかと思います。

※なぜノリマサTVの動画は質より量で戦うほうが良いのかは、また「現状分析(2)」でも述べたいと思います。(最近めんどくさくて手を付けてないので近いうちに書きます)


一番の懸念はサブチャンネルは編集がないので楽に投稿できますが、そのせいでメインチャンネルを疎かにしてしまうことです。できたばかりのサブチャンネルなんて登録者がいきなり数千人も増えません。そしてメインも疎かになり2つのチャンネルが共倒れになってしまっては本末転倒です。


しかしサブチャンネルを今更消すわけにもいかないので、作ったからにはメイン・サブどちらも怠ることなく投稿を続けていただきたいと思います。「Norimasaミニ」が起死回生の一手になることを期待したいです。

 
スポンサーリンク
記事検索
最新コメント
スポンサーリンク