ヨシダノリマサ総合研究所

ベテランyoutuber、ヨシダノリマサさんのファンブログです。ヨシダノリマサさんの動画活動を研究し、問題点や改善点、今後のyoutube戦略について考えます。

2017年11月

ヨシダノリマサはUUUMに所属できるか


youtuberという肩書が世間に浸透してきた今、youtuber専門の事務所というものが乱立をしている。

多くの人気youtuberが事務所の所属・脱退を繰り返す中、今や日本のyoutuber事務所はUUUM一強という状況である。

人気youtuberを目指すヨシダノリマサさんは果たしてUUUMに所属できるだろうか。

まずはヨシダノリマサさんというyoutuberを知らない人のために軽くプロフィールを紹介しよう。 


ノリマサ 乳酸菌チョコレート

大物youtuber、ヨシダノリマサさん。


2011年3月から現在に至るまでyoutubeに様々な動画を投稿している47歳

メインチャンネルは開設からわずか6年半で登録者はなんと3342人(2017年11月27日現在)、今年9月新たに開設したサブチャンネルは2ヶ月で登録者81人(2017年11月27日現在)と多くのコアなファンから支持を得ている。

最近では「アメリカンドッグ当たりが出るまで食べ続けろ!(ハズレのまま4本でギブアップ)や、「手にタバスコをかけてから牛丼を食べる動画」などのコメディー動画から、「オープニングのみで終わる動画」や「風力発電機と16秒間撮影する謎動画」など異次元レベルで個性的な動画まで、幅広いジャンルの動画を投稿するマルチクリエイターでもある。

書き出したらキリがないのでこれでやめておく。


......見ての通りこの数字ではUUUM所属は絶望的である。

参考までに現在UUUMに所属するyoutuberの登録者数のワーストを調べると、


118938人  にゃーにゃちゃんねる・・・子ども系

117275人  ココロマンちゃんねる・・・家族系

 87583人  いおりくんTV・・・・・・家族系

 59700人  TAKASHI’sTV・・・コメディー系

 54584人  美音(みおと/Mioto)・・・楽器系

 53734人  ひまひまチャンネル・・・・子ども系

(2017年11月27日現在、UUUMホームページ:マルチクリエイターより調査)


そもそもこの話は机上の空論であるかもしれないが、現在のUUUM所属の登録者最低ラインは53734人。

それも多くは家族系のyoutuberや子どものyoutuberであり、ただでさえレビュー系youtuberが少ないUUUMにヨシダノリマサさんが所属を目指すには最低でも登録者10万人は越えてなければならないだろう。

もちろんUUUMに所属することがトップyoutuberという訳ではない。フリーで活動している方もいれば自ら事務所を立ち上げる方もいる。

いずれにせよ登録者数3342人では事務所を立ち上げても恥さらしにしかならない訳であり、せめて1万人は欲しいところだ。
 
果たしてヨシダノリマサさんは寿命を迎える前に、某Hキンさんや某Hしゃちょーと肩を並べ、日本のトップyoutuberとして活躍する時がくるのだろうか。

 

どうか全てを見直してくれ、ノリマサ。

11月18日、某大物youtuberグループの大手事務所加入や某炎上youtuberの復活などyoutubeが多く話題となる今日、ヨシダノリマサが日本のyoutube史に名前を刻む日はくるのだろうか...

norimasaミニを開設してもうすぐ2ヶ月が経とうとする現在の状況は、動画数67本に対して登録者が81人...

怪しげなビジネスに頼らず、youtube1本で生活してくれることを最終目標としている私としては絶望的な数字...

今ノリマサに求められるのは全ての見直しだと思います。彼のしていること全てです。 

まず驚いたのがこの動画、



いやこれサブチャンネルのクオリティと変わんねーよ!
サムネイルだけこだわってどうすんだよ!!


そしてなんの前触れもなく更新されるInstagram...


ノリマサインスタ1

リンクもちゃんと貼れてねーし、その絵本当にノリマサの似顔絵なんですかね...

Instagramの開設も蓋を開ければ投稿は4つだけ。一体Instagramで何を発信したかったのだろうか。

なんでもとりあえずやってみるのは良いがその先を何も考えてないのは昔から変わらないようだ。

大変初歩的な指摘で申し訳ないが、Instagramというサービスはどんなサービスなのか、Twitterとは何をすべきコンテンツなのか、メインチャンネルの「メイン」とはどういう意味なのかググって自らしていること全てを見直したほうが良さそうだ。。。


スポンサーリンク
記事検索
最新コメント
スポンサーリンク